2015.8.22

図書館。作業。
夜祭に太鼓見に。
近くのカフェバーへ。

今ベランダで日記を書いているのだけれども、その間に手の平を蚊に刺され、不快。
今日はとても感情的な日。
こういう時は作業に救われる。

夜風が心地よい。
月もきれい。

2015.8.17

一日中作業。
休憩中、録画しておいたテレビ番組プロフェッショナルの細田守監督編を観る。泣いた。「自由などない、正解はひとつだけ」名言だらけの番組だった。消さないでおこう。

作業後、近くの映画館へ細田監督の新作「バケモノの子」を観ることに。
下しに行くのが億劫で所持金30円なのを忘れていた。日々入れている500円玉貯金瓶からコイン3枚だけ(レイトショーは1300円)を手に家を出る。自転車で深夜の映画館へ。観客は数人。

見応えはある映画であった。
おおかみこどもの雨と雪にとても感動していた経緯からすると、ちょっと意外。千と千尋の神隠しだ。「九太、今17歳か。じゃあ十七太にするか。」「九太でいい。」のところと、「誇らしいのう」「誇らしいぜ」の場面がよかった。でもグッとくるべき場面ではあまりグッとこなかった。

細田監督の作品の中ではおおかみこどもの雨と雪が一等好きだ。
私は映像の見応えよりも感触とか気配とか感情の揺らぎとか、そういうものを濃く感じられるものが個人的に好みなのであの作品はよかった。どうやら私が痛く感動するのは、局面でそれまで渦巻いていた自分の感情よりも状況を完全に受け入れた瞬間の人間の在りようのようである。成瀬巳喜男の「雷」とかグザヴィエ•ドランの「Mother」とか、おおかみこどもの雨と雪とか。

映画館からの帰りに、余った200円でレーズンチョコと炭酸水買う。
星占いによると明日の乙女座はシャープな知恵の日。
期待せずに就寝。

2015.8.16

一日中作業。
途中急にたまならい気持ちになり、涙が次々溢れ落ちる。明らかに自分のものではない感情だけれども何となく肯定し、ひとしきり泣く。今日はお盆であるし、様々な感情があたりに満ちているのかもしれない。深く考えずに、5分後作業再開。

作業中に聴く音楽にかなり影響される。The Chemical Brothersを聴きながら描いたものは無闇だし、中村一義を聴いて描いたものはオープンな感じ。前者はちょっと変な方向にいっちゃってるものもあったので少し修正。

うちに里帰り中の息子猫を連れ帰りに友人夫妻来宅。帰宅後暫く母猫おろちが私にずっと要求している。息子猫の居所を知りたい様子。帰宅を告げても納得出来ないようだ。無視して作業。

雨上がりの後、虫が鳴いている。
夏が離れるのも遠くない。

2015.8.15

終戦記念日。70年談話。ポリタス。新月。お盆。断食。

友人宅に招かれる。精神科に関わる仕事の人の話。「医者と患者の立場など紙一重」だそうだ。

深夜に環七を自転車で疾走。土地の起伏がわかる。西新井はやはり河が氾濫したらかなり沈むだろうことを実感。

帰宅後猫が次々に排便。
なんでやねん。
と前は思っていた。

私が起床した直後や、帰宅直後によく猫どもは排便する。
以前文献に載っていたのだけれども、猫は本来衛生観念が発達しているため、巣の近くでは排泄をしない。命をかけて排泄をしに巣から外出するため、排泄には相応のテンションが必要なのだそうだ。

つまり、猫どもは私が起きた時と帰宅した時に上がるテンションを利用して排便しているということが推察される。
そういうわけで今は帰宅直後にリラックスしようとしている私の目の前で猫どもに次々に排便されても、温かい眼差しを向ける事が出来る。

就寝前に、漫画市川春子の25時のバカンス。音楽Broken Social SceneのYou Forgot It in People。

2015.8.13

昨日よりスピカとおろちの息子、きびが里帰り中。しばし観察後、作業。

夜、お世話になっている人の誕生日パーティーへ。ドレスコードがコスプレ。
実は日を間違えて昨日行ってしまった。サプライズパーティーだったのに、浮かれた格好と高めのテンションで当人にばれてしまうという失態を犯す。企画者には言えず何食わぬ顔で、今日改めてパーティーへ。

メキシコ人のカルロスがマヤ•アステカ時代の儀式用スープをふるまってくれた。当時は人の生首が入っていたそうだ。ビックコーンがたくさん入っているトマトと魚介のスープ。とても美味しい。おかわり。

途中疲れてしまい、帰宅。パーティーで真っ赤な口紅を塗られたのだけれども、ほとんどメイクをしないため専用のクレンジングなどもない。何度洗っても全く取れる気配がないので躍起になってこすったりしていたら腫れてバカみたいな顔に。しばらく外出する予定はないので諦める。

昔コスプレのために、友人にナースの服一揃え借りたことがある。全くナースではない友人がなぜかコスプレ用ナース服ではなくて、リアルなナースセット(本物の聴診器まで)を持っていたことの疑問を拭えず、聞いてみたら「ふふふ」と言われたので黙って借りたのだった。

明日は新月。丁寧に過ごそう。

2015.8.11

昨夜プリンターが完全に壊れたことが判明。

過去にエアコンと洗濯機を自力で直したことがあるので楽観的にネットで調べたり分解したり。が、どうやら過電流が流れてショートして基盤が焼けた模様。

最近機器類を壊しまくるので、静電気的なものが身体に帯電しているのではと言われたけれども、あまり本気にしていなかった。しかし突然ショートしたプリンターを見て、むむーと思う。

明日までに必要なので急いで近くのこぢんまりした印刷会社へ。色々ややこしい作業を長時間頑張ってくれて、最後におじさんが
「えーと…作業代、500円いただいていいですか…?」
「も、もちろんです!」
申し訳ない。

安心した気分でハーゲンダッツバナナミルクを片手に帰路へ。
最近、作業台と可動式の椅子が欲しいなあと割と真剣に購入を考えていたが、まさに理想的なものたちが家の前に捨てられている。
運び込んでみたらあまりのジャストさに一人でおおおと感嘆。
白い革の可動式の椅子も気に入った。

夜、ひょんなことから知り合ったご婦人からいい品物が届く。
今日は恵まれた一日。
機嫌がいいから作業を続ける。
疲れたらハーゲンダッツバナナミルクがあるし。

2015.8.9

朝から外出。
夏が終わりに向かう気配。

眩しくてものがよく見えないし、思考に粘着性を帯びるし、身体の調子に注意を払わなければならないし、光熱費もかかる。こうしてあげてみると不快なことが多いにもかかわらず、それでもやっぱり夏は好きだなあと思う。水分とか、光とか、循環とか、そういう要素が多いからかもしれない。

新宿に画材買い出し。
友人と会う。いい時間。

夜、ちょっと興味を持っていたバストリオの演劇公演。演出が冴えていた。とても「効果的」だった。加速していくけれど冷静さや視界の幅は決して損なわない感じ。内容は境界での生命活動って印象。面白かった。

最近雄猫スピカの私に対する発情が著しい。どうやら私が寝転がるのがスイッチのようだ。クルクル鳴きながら肛門を見せつけてくる。とりあえず尻付近を撫でてやる。

夜風が涼しい。読書灯で洗濯物の影が部屋に揺れるのがお盆ぽい。
出て来てくれてもいいのだけれど。

2015.8.8

朝から池袋に画材買い出し。
ハンズのペットコーナーに寄って、600円ほどの猫用歯磨きおやつなるものを買おうとして、昼食のカレーが600円だったのを思い出してやめる。

帰りのバスで寝過ごして終点に。歩いて戻る。朝から熱中症らしき頭痛。西新井大師で休憩の後、奮い立たせてホームセンターに買い出し。予定のものが揃わず、無駄足。ふらふらで帰宅直後にゴキブリ。

8月8日は末広がりだからいい日になるかもと言われて、ほほーと前夜に思っていたけれども、全く冴えない一日となってしまった。
諦めてもう寝よう。

2015.8.7

HP開設。日記をつけることに。

文章を書くのはあまり得意ではないけれども、そうも言っていられないテーマを決めてしまったので仕方ない。

下半期のテーマは、表明。明らかにすること。自分のこころにあることや姿勢や方向性を言葉にして伝えることを真面目にしていこうと、今更ながら改めて思う。

こうして手記をつけるのは26歳の頃につけていた夢日記以来。とにかく日記だし初日だから今日の事をつけてみる。

昨夜呼吸法の確認をしたので、朝また丁寧に丹田で呼吸をする。私は澱みやすいのでこういうことはとても大切。

いただいた魚の干物で昼食。
来月の展示関係の諸々。
うとうと。作業。
今に至る。

日記初日にして特記すべきことが何もない。目の前にはベンジャミンと寝る猫と絵の具。
これが私の日常だなということで腑に落ちたので、今日の日記を終える。

FullSizeRender